J1清水は20日、公式サイトでサッカー事業本部の人事異動を発表した。強化部長には、兼務していた伊達倫央本部長(50)が同職を解かれ、強化部スカウトの内藤直樹氏(48)が就任する。静岡市清水区出身の内藤強化部長は清水などでDFとしてプレー。クラブOBとして初の強化部長就任になる。

 新たにスポーツダイレクター(SD)を設置し、原靖氏(49)が就任する。原SDはJ2大分で強化部長などを務めた後、2011年から清水の強化部長に就任。15年にJ2降格の責任を取り退任したが、昨季は清水と業務委託契約を結び、移籍交渉などを行っていた。

...    
<記事全文を読む>