サッカー、スペイン1部リーグの名門バルセロナとJ1神戸が、神戸で親善試合を行う構想が浮上していることが19日、分かった。

 バルセロナはJ1神戸の親会社・楽天と、4年総額255億円の新規スポンサー契約で基本合意した際、日本で親善試合を行う意向を示していた。楽天がバルセロナ側と交渉を進めている。クラブ関係者によると、時期は未定で2018年までの開催を目指している。

 バルセロナのユニホームには17~18年シーズンから胸部分に「Rakuten」のロゴが入る。

 また、J1神戸は同日、今季のユニホームスポンサーが決まったと発表し、川崎重工、ノエビアなどのほか、サプライヤーのアシックスを含め全スポン...    
<記事全文を読む>