J1仙台は18日、鹿児島県さつま町のインターナショナルゴルフリゾート京セラで、第1次キャンプを始めた。時折強い雨が降るあいにくの天気だったが、選手は午後3時から約1時間半、精力的に動き回った。

 全選手28人が参加。白と黒を基調とした新しい練習着に身を包み、汗を流した。軽いランニング、体幹トレーニングの後、パスを受けたり出したりしながら7分間走を3回実施した。選手たちはコーチ陣から「もっと速く」などと指示を受け、歯を食いしばりながら走った。

 就任4季目の渡辺監督は、「選手は久々に(天然)芝に立って、躍動していた。今後は苦悶(くもん)の表情を浮かべることになるだろう。例年以上に厳しく鍛え上...    
<記事全文を読む>