沖縄でキャンプ中のJ1清水は18日、2部練習を行った。午前中は走力、体力強化など。午後はミニゲームなどでボール支配率を高めることを目的とした練習をこなした。

 攻撃面について「昨季からの進化」を求める小林監督。イメージするのは昨季終盤の動きを基本とし、連係などパスサッカーの精度を上げてゴールを狙う。練習で「パスを回すだけで終わらないよう、常に心掛けよう」と選手に徹底させる。

 指揮官がその中心に指名するのがMF白崎だ。「背番号に負けない活躍をしてほしい」とゴール前のアイデア豊富なプレーに期待する。今季からエースナンバーの背番号10を着ける白崎。「先頭に立つタイプではないし、意識はしない」と...    
<記事全文を読む>