(18日・沖縄) 3日目は東風平運動公園サッカー場で午前、午後の2部練習を行った。

 午前はゴムチューブやバランスボールで体を刺激した後、笛の合図で加速と減速を繰り返すランメニューや、4人一組でのサーキットトレーニングで汗を流した。

 雨が降りだした午後はボール回しやパス練習の後、ハーフコートの縦幅を約10メートル広げたピッチで、GK含めて12対12の試合形式を実施。

 徐々にタッチ制限やリターンパスの禁止などのルールが加わり、ゲームが進むにつれて球際での激しいバトルが多く見られ、選手たちは集中した雰囲気でプレーしていた。

 ズラタンの狙い澄ましたシュートや李の力強いシュート、右クロスを興梠が...    
<記事全文を読む>