【国頭】J1・FC東京の選手32人が17日、国頭村にキャンプ入りした。「かいぎんフィールド国頭」を拠点に29日まで滞在する。

 宿泊先のJALプライベートリゾートオクマであった歓迎セレモニーで、宮城久和村長は「村民みんなで楽しみにしていた。芝も夏用から冬用に整備している。存分に練習し上位を目指してほしい」と激励した。

 篠田善之監督は「毎年素晴らしい歓迎に感謝している。いいスタートを切れるよう、しっかりトレーニングを積んでいきたい」と述べた。

 FC東京の国頭村でのキャンプは今年で6年目。競技場「かいぎんフィールド国頭」で22日に海邦銀行、26日に大宮アルディージャ、28日に沖縄SVとの練習...    
<記事全文を読む>