大宮は17日、高木サッカー場で約2時間の練習を行い、始動3日目にして早くも実戦を意識したポゼッションゲームに取り組んだ。4組に分かれて4対2、6対6を行った後、ハーフコートでミニゲームを実施した。

 渋谷監督は「キャンプ前に対敵の部分でどのぐらい体がフィットしているのか確認してもらうことと、新加入選手に対して渋谷監督はこういう流れで練習していくんだ、と伝えるため」と練習の意図を説明。

 合宿期間中のコンディション調整については、「大前、茨田、瀬川のように上げていく人もいれば、菊地、河本のように上げ過ぎずにいかないといけない人もいる」と各自のオフ期間や年齢を考慮する意向を示した。

 チームは1...    
<記事全文を読む>