サッカーJ1サガン鳥栖は15日、鳥栖市の市民文化会館でサポーターに向けた新体制発表会を開いた。就任2年目を迎えたマッシモ・フィッカデンティ監督は「昨年以上に多くの喜びを与えたい」と今季の飛躍を誓い、新ユニホームの紹介や選手のトークショーで盛り上がった。

 新加入の6人を含む全21選手が出席。名古屋グランパスから移籍したMF小川佳純選手は「名古屋時代からチームの勝利を一番に考えてきた。皆さんとも分かち合いたい」。背番号が昨季の「24」から「7」に変わったMF鎌田大地選手は「昨年以上の結果を残す」と抱負を語った。

 鳥栖のスペシャルサポーターでもある歌手の倖田來未さんも駆け付け「サポーターの一...    
<記事全文を読む>