2年ぶりにJ1に復帰した清水は16日、沖縄・西原町民陸上競技場で始動した。右大腿(だいたい)肉離れのGK西部ら2選手を除き、27選手が初日の練習に参加。小林監督は自主トレで仕上げてきた選手の状態の良さに目を細め、開幕ダッシュへの手応えを得た。

 器具を使用した筋力トレーニングから始め、8対8の実戦形式の練習も行った。沖縄気象台によると、練習中の午後4時の風速は6・9メートルで肌寒く感じられたが、気温は16・5度。「全国的に見ればいい気候。1年間戦える体力と、厳しい戦いに立ち向かう精神を養いたい」と小林監督は22日までの1次キャンプの決意を示した。17日からは走力アップを狙ったメニューも取...    
<記事全文を読む>