昨季クラブ史上最高の5位でリーグ戦を終えた大宮は15日、NACK5スタジアム大宮で初練習を行い、目標の勝ち点50以上、1桁順位に向けて始動した。

 チームは午前中にさいたま市大宮区の氷川神社で今季の必勝を祈願。練習開始前には渋谷監督が「選手、スタッフ、クラブが一体となって昨年以上の結果を目指して戦っていく」とサポーターにさらなる躍進を誓った。

 練習には家庭の事情で来日が遅れているムルジャを除いた選手30人が参加。サポーターが見守る中、パス練習や4チームに分かれて7対7のミニゲームを行うなど、和やかな雰囲気に包まれて汗を流した。大歓声に迎えられた大前は「選手たちのキャラクターをつかめた」と...    
<記事全文を読む>