浦和は15日、浦和駒場スタジアムで毎年恒例のファン感謝イベント「レッズフェスタ」を行い、トップチームとレディースの選手たちが1万307人のサポーターと触れ合いながら、今季も共に戦う決意を新たにした。

 セレモニーでは、まず淵田代表が「25周年の節目の年。何としても皆さんと共有する大きな目標を達成したい」とあいさつ。6年目を迎えるミシャ監督は「昨年の悔しい経験を基に、さらに強くなって今季を戦い抜く。言うだけでなく、皆さんとリーグタイトルを取るために全力で戦う」と熱い言葉で呼び掛けた。

 レディースでコーチから昇格した石原新監督は「攻撃的に、男子女子、アベック優勝できるように頑張りたい」と3年...    
<記事全文を読む>