昨季のJ1と天皇杯の2冠を達成した鹿島にJ1新潟から完全移籍したブラジル人MFのレオシルバが13日、鹿島のクラブハウスを初めて訪れ、「ことしもタイトルを途切らすことなく、常にタイトルを取るクラブの一員であり続けるよう努力する」と、抱負を語った。レオシルバはスタッフとあいさつを済ませるとクラブハウス内を見学。過去の鹿島の優勝写真パネルを見て「どのようなブラジル人選手が鹿島に来て、クラブの歴史に名を残してきたのかを知ることができたのは大きい」と、同郷の選手らが築いてきた伝統を背負っていく覚悟を強めた。見学後はグラウンドでコーチ陣と談笑しながら約30分、ランニングで汗を流した。背番号5番の練...    
<記事全文を読む>