サッカー・J1サガン鳥栖は11日、J1柏レイソルを契約満了で退団となっていたMF太田徹郎(27)を完全移籍で獲得したと発表した。

 太田は176センチ、71キロ、茨城県出身。柏の下部組織でU-18まで育ち、モンテディオ山形に2008年に加入。山形で5年間プレーした後、13年に柏に移籍した。中盤の複数のポジションをこなすことができる選手でここまでJ1通算93試合で18得点。昨季の出場は5試合で無得点だったが、アジア・チャンピオンズリーグの出場経験を持つなど実績は十分だ。

 太田はクラブを通じ、「鳥栖のチームカラーを大切にしながら、その中で自分の良さを出してチームの勝利に貢献した」と意気込みを...    
<記事全文を読む>