県は本年度の「いばらきイメージアップ大賞」に、昨年十二月の「FIFAクラブワールドカップジャパン2016(クラブW杯)」で準優勝に輝いたサッカーJ1・鹿島アントラーズを追加したと発表した。

  橋本昌知事は五日の定例会見で「カシマの名前が世界中に広がった。県のイメージアップにも大いに役立ってくれたと思う」と喜び、栄誉をたたえた。

 アントラーズは、クラブW杯でアジアのクラブチームとして初の決勝進出を果たした。決勝ではスペインの強豪レアル・マドリード相手に一時リードしたが、延長の末に惜しくも敗れた。

 大賞は昨年十二月二十一日、既に発表されていたが、その後、県が選考に当たる実行委員らの意見を聞...    
<記事全文を読む>