J1横浜Mは8日、元日本代表MFで主将の中村俊輔(38)がJ1磐田に完全移籍すると発表した。横浜市出身の背番号10は、クラブを通じ「スポーツ、サッカーの本質であるべきもの、例えば楽しさ、喜び、信頼、感謝などを持ちプレーすることが、自分は何より大切だと思っています。自分の魂であるサッカーと現役を退くその最後の瞬間まで、真摯(しんし)に、そして何よりも喜びと楽しさを持って向き合うため、懊悩煩悶(おうのうはんもん)の末、マリノスを離れる決断に至りました」とコメントした。昨季は19試合出場4得点。

 中村は横浜Mジュニアユースから桐光学園高に進み、1997年に横浜M入り。2002年にレッジーナ(...    
<記事全文を読む>