日本サッカー協会主催の指導者向けシンポジウム、第10回フットボールカンファレンスが7日、広島市中区の広島国際会議場で始まった。J1広島の森保監督や元広島ユース監督でU―17(17歳以下)日本代表の森山監督ら約800人の指導者が集い、サッカー界の未来を話し合った。

...    
<記事全文を読む>