J1横浜Mの元日本代表MF中村俊輔(38)のJ1磐田移籍について、両クラブが大筋合意したことが7日、関係者の話で分かった。資本提携する英シティー・フットボール・グループ(CFG)の影響が強い横浜Mの強化方針に対する不信感が強く、移籍を視野に交渉を続けていた。40歳を現役生活の区切りとしており、磐田での引退も見据えて2年契約を結ぶとみられる。

 中村は横浜Mから年俸1億2千万円の提示を受けていた。磐田では8千万円に下がるとみられるが、移籍を決断した。この1年でCFGの影響が強まったクラブへの不信感はそれほど強い。「お金じゃない。最後はサッカーだけに向き合い、燃え尽きたい」と、日本代表でとも...    
<記事全文を読む>