守山市出身でサッカーJリーグ・清水エスパルスの村田和哉選手(28)が五日、同市浮気(ふけ)町の浮気保育園を訪れ、年長クラスの園児計二十四人を相手にサッカー教室を開いた。

 村田選手がリフティングやシュートを実演すると、園児から「すごい、速い」などと歓声が上がった。その後は一緒にゲームを楽しみ、園児は笑顔でグラウンドを駆け回った。

 村田選手は市内のスポーツ少年団「河西キッカーズ」出身。野洲高、大阪体育大を経てセレッソ大阪に入団、二〇一三年から清水でプレーする。

 小さな子らとの触れ合いに「みんな楽しんでくれていた。守山からサッカー好きな子どもたちを増やしていきたい」と満足した様子だった。

 清...    
<記事全文を読む>