米大リーグのイチロー選手が在籍するマーリンズのディビット・サムソン球団社長ら4人が28日、鹿児島市の森博幸市長を表敬訪問した。森市長は「ぜひ鹿児島でキャンプを」と熱望した。

 森市長は昨夏、マーリンズの本拠地で、姉妹都市盟約を結ぶマイアミ市を訪問。レガラド市長の計らいで球場を訪れ、試合の始球式を務めた。このときサムソン社長と再会を約束した。

 サムソン社長は帰国中のイチロー選手と会うため来日し、マーリンズの人気選手だったジェフ・コーナインさんらと共に鹿児島まで足を延ばした。

...    
<記事全文を読む>