ヤンキースの田中将大投手が23日、仙台市のコボパ宮城で自主トレーニングを公開した。則本、辛島ら東北楽天在籍時の仲間と和やかな雰囲気の中、ランニングやノックに汗を流した。

 昨季は31試合に登板し、14勝4敗と米大リーグでの自己最高成績を残した。年間通して先発枠を守り、初めて規定投球回に達した。大リーグ4年目に向け「先発枠の先頭に立って1年間戦い抜く」と覚悟を示す。

 けがに苦しんだ1、2年目とは一転、3年目の昨季は先発の柱としてフル回転したが「まだ1年やっただけ。継続しないと意味がない」。現状に満足せず、さらなる高みを求める。

 昨季はあとアウト一つ及ばなかった200投球回のクリアも狙う。「...    
<記事全文を読む>