【北斗】道高野連主催の「第19回ベースボールフェスティバル」が21日、北斗市総合体育館(押上1)で開かれた。道南の少年野球チームに所属する小学生約320人が、高校野球の監督らから直接、基本技術などを学んだ。

 この日は、函大有斗高の片口伸之監督をはじめ、道南の高校の野球部監督や部長ら20人が指導に参加。小学5、6年生は投球フォームや打撃フォームの基本などを学び、小学4年生以下はティー(棒)の上に置いたボールを打つ「ティーボール」による試合などに臨んだ。(西村翔)

...    
<記事全文を読む>