岡山県高校野球の黄金期を築いた両雄にまた一つ、勲章が加わった。倉敷商高出身の星野仙一氏(69)と岡山東商高出身の平松政次氏(69)。野球殿堂入りが決まった16日、郷土が誇る2人のレジェンドは東京都内で記者会見に臨み、互いをたたえた。

 「高校時代に競った平松君と同時に殿堂入りができたのは本当に名誉。皆さんに感謝したい」。星野氏はあいさつでこう切り出し、平松氏を見やった。

 1960年代半ば、岡山の高校球界には後にプロで活躍する才能がきら星のごとく並んでいた。リードしていたのは倉敷商高のエースだった星野氏。1学年下では平松氏だけでなく、ヤクルトで191勝を挙げた松岡弘氏(倉敷商高)や元東映の...    
<記事全文を読む>