社会人野球の強豪、大阪ガス硬式野球部の1次キャンプが1月13日、高知市の春野運動公園で始まった。選手や指導陣ら約40人が高知を訪れ、基礎練習を中心に鍛える。春野キャンプは4年連続。

 大阪ガスは2016年、都市対抗大会で初戦負けしたが、日本選手権は、準々決勝で猿渡真之投手が大会史上3人目の無安打無得点試合を達成するなどの活躍もあり、2年連続の4強入り。2016年秋のドラフトでは、ともにロッテから酒居知史投手が2位、土肥星也投手も4位指名を受け、入団した。

 「昨年は実力のある選手が多く、優勝に届きそうなチームだっただけに悔しい」と竹村誠監督。「今年こそは最後まで勝ち切る力をつけ、日本一を取...    
<記事全文を読む>