「さあ来い」「ワンバン、ワンバンで捕れよっ」。マウンドに元気な声が響く。ユニホーム姿に白髪が目立つ選手たちが、懸命に白球を追い掛ける。七十歳以上が主体の古希野球チーム「全(オール)前橋野球倶楽部」の選手たちが、前橋市内の野球場でノック練習に励んでいた。

 三十四人いるメンバーは元高校球児や職場の草野球チームから始めた人などさまざま。長沢紀世寿(きよじ)監督(76)は「よせ集めだけど、やっぱり野球が好きな連中ばっかりで、和気あいあいなチームだね」と目を細める。

 長沢監督はメンバーの弱い所を直すのではなく、得意な所を生かすようにチームづくりに取り組んでいるという。「みんな七十過ぎた人ばっかり...    
<記事全文を読む>