2016年シーズンを4冠達成で締めくくった女子プロ野球チーム「兵庫ディオーネ」のナインが5日、兵庫県淡路市の東浦サンパークで新年の練習始めを行った。故郷でつかの間のオフを満喫した選手たちはゆっくりと体をほぐしながら、「王座防衛」を懸けた17年のスタートを切った。(内田世紀) 年末年始の休暇は選手らにとって唯一の大型連休で、今年は12月27日から1月3日。それぞれの古里で家族や友人とリフレッシュしたナインは、4日夜までに島内に戻った。

 この日は午前7時、選手約10人が早出練習を開始。同8時、新人で学生の堀田ありさ投手を除く15選手が集合した。ミーティングでは、碇美穂子監督が「今年のスロー...    
<記事全文を読む>