野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの福島に、新庄東高出身の笠原拓海投手(25)が新たに加わることになり、21日に郡山市内で開かれる合同入団会見に臨む。新たなステージに向け「プロ野球選手を目指す最後のチャンス。結果を残したい」と意欲を語った。

 同校3年時にはエースとして、全国高校野球選手権山形大会準優勝に導いた左腕。石巻専大に進み、4年時に南東北大学野球春季リーグ1部で5勝を挙げ、最多勝利投手に輝いた。14~16年は社会人野球のジェイプロジェクト(名古屋市)に所属した。

 「山形に近いところでもう一度、レベルアップしたい」と考え、昨年に入団テストを受けて合格。プロ野球や米大リーグで活躍...    
<記事全文を読む>