昨季限りで巨人を退団した加藤健捕手(35)=新発田農高出=が現役を引退し、BCリーグの新潟アルビレックスBCのフロントスタッフとなることが10日、関係者の話で分かった。加藤氏は同日、18年間所属した巨人の公式フェイスブック上で引退を表明した。

 昨年10月に巨人から戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加するなど現役続行を目指してきたが、かなわなかった。

 フェイスブックの動画メッセージでは「まだ野球がやりたいと思い、頑張ってみましたが、引退することにしました。自分なりに努力していきたいと思います。ありがとうございました」などと語った。

 加藤氏は聖籠町出身。新発田農高3年時の199...    
<記事全文を読む>