プロ野球の春季キャンプが2月1日から国内外で一斉にスタートする。31日には阪神、DeNAの2球団が沖縄入りし、那覇空港で歓迎式が行われた。

 阪神の金本知憲監督と四藤慶一郎球団社長は、宜野座村職員から花束を受け取り、熱烈な歓迎を受けた。當眞淳村長は「宜野座でのキャンプでさらに成長し、良い結果に結びつけてほしい」と期待した。

 昨季リーグ3位で初のクライマックスシリーズに進出したDeNAのアレックス・ラミレス監督は「優勝するため、チーム一丸となって一生懸命練習する」と飛躍を誓った。

...    
<記事全文を読む>