【ピオリア(米アリゾナ州)福田講平】日本ハムの選手たちは29日、米アリゾナ州ピオリアで、当地キャンプインに備え、合同自主トレーニングを開始した。

 選手たちは29日午前、米大リーグ・パドレスの練習施設「ピオリア・スポーツ・コンプレックス」に集合。投手陣は鍵谷、高梨、浦野らが早速ブルペンに入り、力の入った球を投げ込んだ。野手陣はノックやフリー打撃で汗を流した。新加入の大田がフリー打撃で快音を連発。ルーキーで唯一アリゾナキャンプに参加している石井一は、ノックで軽快な動きを見せ、守備力の高さをアピールした。

 選手たちは31日まで自主トレーニングを続け、2月1日のキャンプインに備える。
<記事全文を読む>