【ピオリア(米アリゾナ州)=29日(日本時間30日)】ロマンあふれる和製大砲が、猛アピールの一撃を放った。長距離移動から一夜明け、日本ハム1軍キャンプメンバーが合同自主トレを開始した。巨人から移籍し、新たなシーズンを迎える大田泰示外野手(26)は、フリー打撃で特大の130メートル弾を披露。新天地での覚醒を目指し、強く鋭いスイングに磨きが掛かってきた。

 「チームメートとして認めてもらいたい。先輩にも後輩にもコミュニケーションを取って、早く仲間として一緒に戦いたい」。北のスラッガーとして、大田のプロ野球人生の第2章が始まる。(宮西雄太郎)<道新スポーツ1月31日掲載>

...    
<記事全文を読む>