本格的な球春が近づくと、今季も健在か気になるベテラン選手が何人かいる。かつての東北楽天を支えた功労者ならなおのこと。新人の2007年から正遊撃手として4季活躍し、09年に初のクライマックスシリーズ進出に貢献した渡辺直人内野手(西武)は、今年37歳になる。<衰え知らぬ意欲> プロ11年目の渡辺は22日まで、千葉県館山市で自主トレーニングをした。東北楽天で同僚だった井野卓捕手(ヤクルト)らと一緒。走り込みで両脚が張っていても、内野ノックでは機敏な動きを見せた。「まだまだ守れるでしょ」 10年12月にチーム事情から金銭トレードで横浜(現DeNA)に移った。11年、二塁手に定着して当時のKスタ...    
<記事全文を読む>