東北楽天に育成選手を含め、過去最多の新人14選手が入団した。将来の投手陣の柱と嘱望されるドラフト1位の藤平尚真(神奈川・横浜高)をはじめ、2位池田隆英(創価大)ら好選手がそろった。酉(とり)年入団の期待の若ワシたちを紹介する。◎楽天新人紹介 木村敏靖投手 本格的な投手経験は、奈良・御所(ごせ)実高3年と履正社医療スポーツ専門学校3年の2年間だけ。それでも遠投116メートル、50メートル6秒27という高い身体能力を生かし、最速152キロを投げる面白い存在だ。

 専門学校では外野手として社会人野球を目指したが、誘いがないため3年の時に投手に切り替えた。「肩肘を使っていないので、一度もけがをし...    
<記事全文を読む>