右の大型内野手として呼び声が高い180センチの狩野行寿(平成国際大)だが、実は夏の埼玉大会で4回戦進出が最高だった川越工高時代も、プロのスカウトの一部から注目されていた。

...    
<記事全文を読む>