3月に倉敷市のマスカットスタジアムで行われるプロ野球・楽天のオープン戦6試合(楽天野球団、山陽新聞社主催)の前売り入場券の販売が25日、岡山市北区柳町の山陽新聞社などで始まった。昨季5位からの巻き返しを期す楽天の戦いぶりに注目が集まる。

 DeNA戦2試合(3月4、5日)、ロッテ戦(7日)、ヤクルト戦2試合(8、9日)、日本ハム戦(12日)を開催。山陽新聞社さん太ホールでは販売開始の午前9時前から約50人が列をつくり、お目当てのカードのチケットを次々と購入していった。楽天ファンのアルバイトの男性(20)は「西武から岸孝之投手も補強し、守備力は上がった。オープン戦で勝ってリーグ優勝へ勢いを...    
<記事全文を読む>