東北楽天に育成選手を含め、過去最多の新人14選手が入団した。将来の投手陣の柱と嘱望されるドラフト1位の藤平尚真(神奈川・横浜高)をはじめ、2位池田隆英(創価大)ら好選手がそろった。酉(とり)年入団の期待の若ワシたちを紹介する。◎楽天新人紹介 菅原秀投手 最速151キロの直球と縦の変化球の組み立てで三振を奪う力投派のスタイルは、チームの大黒柱・則本を思わせる。新人合同自主トレーニングでは2日目に高梨(JX-ENEOS)と共にブルペン一番乗りして、首脳陣にアピールした。

 J1G大阪の地元・大阪府吹田市の出身。小学生まではサッカー少年だったが、けがもあって中学から野球に転向した。中学3年で覚...    
<記事全文を読む>