WBC日本代表の追加メンバーに選ばれた東北楽天の松井裕樹が24日、仙台市のコボパ宮城で報道陣の取材に応じ、「日本代表のユニホームを着て活躍したいと思っていた。挑戦できるのはうれしい」と語った。

 松井裕は現時点で代表に決まった27選手のうち最年少の21歳。代表入りは2015年11月の国際大会「プレミア12」以来2度目となる。抑えで起用されたプレミア12では準決勝韓国戦の九回途中のピンチで登板し、火消しできず降板。「悔しい思いをしたのでリベンジの舞台ととらえたい」と言う。

 代表入りを見据え、オフは例年より調整を早めた。日本のWBC初戦は3月7日。それに向け「普通にやれば2月下旬には試合で投...    
<記事全文を読む>