投手力に不安が残る陣容となった。田中将大(ヤンキース)やダルビッシュ有(レンジャーズ)らを呼べず、投手陣は国内組で編成。打撃もずばぬけている大谷を投手登録したのも、先発の駒不足によるところが大きい。

 「詳細を言えず心苦しい。結果的に入らなかったとしか話せない」。大リーガーの招集が低調なことを問われ、小久保監督は答えに窮した。

 「投手力が日本の一番の強み」と、指揮官は常々口にしてきた。WBCでは日本の物より滑るといわれる米ローリングス社製の公認球の対応が鍵となる。ベストの布陣を考えるなら、その球を普段から使っている大リーガーは不可欠だ。

 だが、チームの意向や調整優先などの理由で田中やダル...    
<記事全文を読む>