止めどなく涙があふれた。高浜卓也内野手は、あの日のことを今でも鮮明に覚えている。2011年3月。タイガースにFA移籍した小林宏之投手の人的補償としてマリーンズへの移籍を言い渡された。突然のことに戸惑い、タイガースでの今までの思い出が次から次へと脳裏をよぎると、たまらず号泣した。

 「マスコミの前では感情を出すことはありませんでしたけど、ロッカーに戻ってから号泣しました。いろいろな思いが湧き上がって、涙が止まらなくなった。あんなに泣いたのは後にも先にもありません」      □      ■      □ 希望に満ちあふれたシーズンだった。キャンプ2軍スタートも、2月中旬に高知県安芸市で行...    
<記事全文を読む>