オリックス・バファローズのコーチによる野球教室が1月22日、高知市の東部球場で開かれ、南国市などから集まった5校の中学球児約60人が走塁やピッチングの基礎を学んだ。オリックス選手と交流のある高知県内関係者が開催しており、2017年で4回目。

 指導したのは、プロ通算176勝を挙げた星野伸之・1軍投手コーチと、風岡尚幸・1軍内野守備走塁コーチの2人。まず風岡コーチがベースの踏み方や、リード時の体重移動など実践を交えながら全員に指導した後、野手と投・捕手に分かれて練習した。

 バッテリー陣を指導した星野コーチは「投手は投球時、軸足が揺れないよう気を付けよう」などとアドバイス。星野コーチに制球の...    
<記事全文を読む>