プロ野球東北楽天のドラフト1位藤平尚真(18)=神奈川・横浜高=ら新人選手14人が23日、仙台市青葉区のニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所を見学した。

 14人は工場内の蒸留棟や貯蔵庫を巡り、たるに火入れをする様子を間近で見るなどして製造工程を学んだ。試飲コーナーでは20歳以上の9人がウイスキーを実際に味わい、藤平選手ら未成年の5人はジュースで乾杯した。

 新人最年長の森原康平選手(25)=新日鉄住金広畑=は「製造工程を見たことがなかったので楽しかった」と勉強になった様子。「これからは自分が(試合で)仕事をしたな、という時にウイスキーを飲みたい。1年間投げ抜けるように頑張る」と意気込んだ。...    
<記事全文を読む>