中田翔内野手が23日、東京都内のスポーツジムで自主トレーニングを公開した。3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けて例年より早い調整で、2年連続日本一を目標に順調に状態を上げている。

 多くの格闘家やプロ野球選手を指導するケビン山崎氏の元で、オフにシーズンを戦い抜く体づくりに取り組んで7年目。これまではパワーアップに主眼を置いてきた。「昨季の中盤、フェンス手前で打球が失速した。打率も本塁打も上げたい」と、今オフは体をねじって打球により強く力を伝える打撃に挑む。

...    
<記事全文を読む>