【カナロコスポーツ=佐藤 将人】横浜DeNAが救援候補として獲得したスペンサー・パットン投手(28)=185センチ、91キロ、右投げ右打ち=が23日、来日した。昨季世界王者となった米大リーグ・カブスで16試合に登板した右腕は、「前から日本に興味があった」と移籍を決めた背景を語った。

 落ち着いた明るさ、といった印象だ。特徴的なひげについて「験担ぎか」と聞くと、「ただ好きで伸ばしているだけ。ロイヤルズではだめだと言われて剃(そ)ったけど、日本ではチームが許してくれればこのままいきたい」と軽やかに答えた。

 主戦場は救援となる。「あまりマウンドに長く立っているのが好きじゃないんだ」。直球とスラ...    
<記事全文を読む>