就任1年目で球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出に導いたDeNAのラミレス監督が21日、新潟市内で取材に応じた。入団3年目を迎えた飯塚悟史投手(日本文理高出)について「完全に1軍レベル。非常にポテンシャルが高い」と今季の飛躍に期待。プレー経験があるBCリーグ(BCL)には「ファンサービスの徹底を」と提言した。

 昨年11月に鹿児島県で行った秋季キャンプで、選手の特徴などを記したメモの最初に飯塚を書き留めた。「それぐらいインパクトがあった。投球と体のバランスがいい。コースの投げ分けもいい」と高く評価。「球速が145、146キロと、もう少し強い球を投げられれば即戦力になる」と、さらなる...    
<記事全文を読む>