日本ハムに新加入し、7年ぶりに日本球界に復帰した村田が22日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で初めて自主トレーニングを行った。「これが日本か。シーズンが始まった、と感じた」。ファイターズの一員として戦う気持ちを新たにした。

 4日から14日まで台湾で、15日から大阪で練習を続けていた村田は、午前11時ごろ鎌ケ谷スタジアムに姿を現し、有原と長い距離のキャッチボールを約1時間行った。「久々の日本ですぐ出てこない日本語もある」と苦笑いしながら、ほぼ初対面のチームメートらとあいさつを交わしていた。(福田講平)

...    
<記事全文を読む>