東北楽天の星野仙一球団副会長が22日に70歳の誕生日を迎えるのを前に、仙台市の球団事務所で21日に誕生祝いがあった。

 スタッフ会議に出席するため、昼すぎに訪れた星野副会長を球団スタッフや報道陣が拍手で出迎えた。報道陣から古希にちなんだ紫色のマフラーや花束が贈られ、「70歳だが、自分の中ではようやく還暦という感じ。まだまだ人生は長いけど、頑張っていくよ」と笑顔で話した。

 野球殿堂入りも16日に決まり、さらなる野球界への貢献を期待される立場。チームの今季については、「精いっぱいの予算で補強はした。今年は梨田がどれだけ頑張ってくれるか」と指揮官に託した。

...    
<記事全文を読む>