東北楽天のスタッフ会議が21日、仙台市のコボパ宮城で開かれ、ドラフト1位の藤平投手(神奈川・横浜高)の春季キャンプ1軍スタートが決まった。

 1軍スタートが決まったのは投手21人、野手22人の計43人。新人ではドラフト2位池田(創価大)、4位菅原(大体大)、5位森原(新日鉄住金広畑)、9位高梨(JX-ENEOS)の4投手と、3位田中外野手(立大)の計5人も選ばれ、球団史上最多タイの新人6人が1軍スタートとなる。

 チーム最年長41歳の松井稼、2年目のオコエの両外野手も入った。全選手の割り振りは22日に発表される予定となっている。

 梨田監督は藤平の1軍抜てきについて、「トレーニングを順調に積...    
<記事全文を読む>