東北楽天に育成選手を含め、過去最多の新人14選手が入団した。将来の投手陣の柱と嘱望されるドラフト1位の藤平尚真(神奈川・横浜高)をはじめ、2位池田隆英(創価大)ら好選手がそろった。酉(とり)年入団の期待の若ワシたちを紹介する。◎楽天新人紹介 西口直人投手 昨秋のドラフト会議では全体の本指名最後、87番目に名前が呼ばれた隠れた逸材。体をゆったりと使った癖のないフォームから投げる伸びのある球には、大化けしそうな雰囲気が漂う。

 高校時代は部員が20人ほどの公立校の右腕エース。3年夏の甲子園予選初戦では最速145キロをマークしたがコールド負けを喫した。「当時の投球は自己流。腕だけ振って投げれば...    
<記事全文を読む>