東北楽天の新人合同自主トレーニング。入団に関わった選手の様子が気になって仕方がないのだろう、練習場にスカウトが集まる。「新人の言動が目に余るときは遠慮なく言ってくれ」。長島哲郎スカウト部長から、こんな言葉を掛けられた。しつけに厳しい保護者のようだ。

 スカウトは時に優しくも、厳しくもなる。長島部長によると、選手の可能性を見いだし、獲得するまでは「ラブコールを送る側」。「プレーだけでなく、性格もいいのかなとか、思いをはせる」という。

 2月のキャンプまで見守ると、次の逸材を求めて各地へ散る。「これからお前たちのライバルを探しに行ってくるんだ。来年負けないように頑張れよ」。長島部長はこう言って...    
<記事全文を読む>