東北楽天に育成選手を含め、過去最多の新人14選手が入団した。将来の投手陣の柱と嘱望されるドラフト1位の藤平尚真(神奈川・横浜高)をはじめ、2位池田隆英(創価大)ら好選手がそろった。酉(とり)年入団の期待の若ワシたちを紹介する。◎楽天新人紹介 高梨雄平投手 試合終盤のピンチで左の強打者を封じる「左キラー」型の左腕の高梨雄平。実は上手から横手投げにしたのは昨年6月。持ち前の向上心で短期間に急成長し、秋のドラフトで指名を受けた。

 社会人2年目の昨年、左投手にライバルが多くなり、出場機会が危うくなったことがきっかけだった。「希少な左サイド投手に生まれ変われば存在価値が増すはず」と活路を探った。...    
<記事全文を読む>