東北楽天の青山浩二投手が雪辱を期して、自主トレーニングに励んでいる。昨季は中継ぎで50試合に登板して1勝5敗14ホールド、防御率は直近7年で最悪の4.83と不本意な成績に終わった。投手陣最年長の33歳はプロ12年目の今季を「集大成」と位置づけ、「開幕から万全に迎えられるようにしたい」と調整ペースを早めて練習に取り組む。

 自主トレは大リーグ、マーリンズの田沢純一投手と共に、沖縄県内で今月8~23日の日程で実施中。昨季より走り込みの量を増やし、2人で黙々とダッシュを繰り返して体を追い込んでいる。

 昨季は開幕から不安定な投球が続き、7月に2軍落ちした。投球フォームの見直しや走り込みをし、再昇...    
<記事全文を読む>